三匹の羊/チャットモンチー

チャットモンチーと私

目次

続きを読む

チャットモンチー15周年〜勝手にMVランキング〜

なんと! 今年の11/23(昨日)でチャットモンチーはデビュー15周年を迎えます。

ちなみに4月で結成20周年だったらしい。すごい。時代ですね。

自分がいまちょうどインディーズのえっちゃんくらいの年なのですが、本当に全く古さを感じさせません。ライブ映像のファッションやメイクくらいかな。

記念企画(?)として、独断と偏見のMVランキングをしてみたいと思います。愛を語らせてください。僕にできることはそのくらいです。

あくまで現時点での感想なので、これが変わったらまた新たにランキングを投稿してみたいですね。

では、正直言って全部好きなのですが、その中から頑張って選んだ5本を……と言いたいところが、溢れたので7本!

第7位 風吹けば恋

ライブ感が映像にしっかり収められていて、盛り上がります。ちなみに3人体制では最後のMVの演奏シーンです。くみこんはまだ銀のドラム(その後夕陽色のドラムになる)。あっこびんもまだ青いベース(この後は黒いのとか)。使用機材もそのうちまとめたいな。

Zeppの客席に円形の特設ステージを作ったそうですね。こういうライブもあったら盛り上がりそうなものですが、実際少ないのは機材等の関係でしょうか。

ちなみに、これはMVだからこそなんですが、真正面からドラムに近づいたり、舞台の中央からぐるりと客席を見渡したりという、普段のライブではありえないアングルが楽しめます。特にくみこんがよく映っていて、手許もよく見えて嬉しいです。

第6位 恋の煙

言っちゃ悪いですけど相当簡易な制作をしてそうなのに、とにかくかっこいい。演奏がきっちり映っていて、集中して見られるのが良いところです。あっこびんが本当にかっこいい。ベース弾いてるのがあんなに絵になる人もなかなかいないような。

ライト一個とカメラ一台だけで映していくのは、実はMVとしては結構斬新なような気がしますね。2番の青いライティングもクールで、ランプの点滅もぴったりです(語彙力)

ちなみに寒い中消防署で撮ったらしいですが、このへんの裏話はレストラン・スープで聴けます。

第5位 たったさっきから3000年までの話

歴代のMVへのオマージュが散りばめられながらも、きちんと世界観を壊さずに、入り込める感じ。映像的に鮮やかなのがポイントです。

オマージュは探してみると色々あったので、実は全部のMVへのオマージュが含まれているのでは、と思って躍起になって最近探しています(永遠に見つからない)。

わかりやすいところだと時計の下にあるアレとか、見覚えのある電気とか……? ぜひ探してみてください。

バック・トゥ・ザ・フューチャーで有名なデロリアンが出てくるの良いですね。あの前に立っているだけでかっこいいっていう。ずるい車です。

第4位 世界が終わる夜に

アニメ部門はthree sheepと迷ったのですが、同じ監督ということで文句なしの選出。水彩のようでしっかりと奥行きがある描写が美しいです。サビ前で暗いのに突然鮮やかになる色づかいがきれいです。

ちなみにこれは総武線(黄色の電車)で、秋葉原御茶ノ水間(緑色の鉄橋)などが確認でき、基本的に浅草橋方面から西の中野方面へ向かっているように思います。途中渋谷に行ったり、謎の旧式車両(魚が泳ぐやつ)も登場したりしますが、まあフィクションなのでね。

この曲はあっこびんが電車に乗っていたとき、人身事故を哀れにも思わずけむたがる東京の人に驚いたときの詞だそうですが、監督にそれを伝えなかったのに、偶然にも電車で一致! 何か感じられるところがあったのでしょうか。すごいですね。

第3位 とび魚のバタフライ

MVを見て曲が理解できました。歌詞では「今とび魚になって…」といきなり始まりますが、非日常で新しい地平が開けて、飛び立っていくような感覚を歌った曲なのですね。サビで解き放たれていくところが清々しいです。ぎこちなくフラダンスを踊ろうとするメンバーにほのぼのします。

そういえば、チャットって3人が比較的平等に映るのが良いところですよね。ボーカルばっか映るMVとかライブ映像とかありますもの。

このMVは衣装やドラムスティックなど、小道具も凝っているので注目です。

第2位 Last Love Letter

おばあちゃんになってるやつ、冒頭を見たときは「久美子も寝ないで!」あたりで笑っちゃったんですが、もう2番のサビあたりでは号泣。脱退、解散と続いたあとに見ると余計しんどいですが、曲の歌っていること自体は恒久的に通ずるものがあります。

私の届かぬあなたに愛のある日々を

これが、チャットモンチー完結後の私たちに残していった言葉なんでしょうか。うん。記事を書くために見ていたら、瞬きもせず涙が零れてしまいました……10回目くらいなのに。

そういえば、キャストは橙のエンディングでちらっと映るおばあちゃんと同じですかね?(気になって調べたのにどこにも載っていない……)

第1位 ハナノユメ

忘れらんねえよ柴田はこのMVを見て泣いて、その後脱サラ、デビュー、そしてトリビュートアルバムに至ったのだそうですが、僕も初見で泣きました。このMVのおかげでハマれたというくらい。

 

CからはじまるABC

CからはじまるABC

爆音でチャットモンチーを聴いた

涙がもう涙がぼろぼろ溢れた

こんなことブランキー以来だから

思い切ってファンレター書いた

 

拝啓俺のエレキギター

いつか聴いてくれますか

忘れらんねえよ『CからはじまるABC』)

CHATMONCHY Tribute 〜My CHATMONCHY〜

ハナノユメ

ハナノユメ

チャットモンチーを売り出すときに、このMVをかわいい路線で押さず、しっかりと力の爆発するようなロックな姿を描き出したのが良かったと思います。監督がしっかり見抜けているなあというところ。

カラーのたまごが投げつけられるシーンがかっこいいです。生命力の爆発という感じで、まさにチャットモンチーを完璧に表したようなMVだったように思います。

あとこれは個人的な思いですが、一重時代のえっちゃんの目力が鋭くて、しかも目尻に少し赤を足しているのが強いです。基本的に二重が良しとされますが、一重は一重で目がしっかり見えるので、真っ直ぐな瞳に撃ち抜かれる感じがします。最後音が止まって3人が少しカメラを見上げるところとか。

 

いいなMV

チャットモンチーって言わば結構「イカれている」MVも多いんですが、今回は純粋にかっこいいものだけ選びました。『春夏秋』『バスロマンス』『隣の女』など、尖ったMVも多くて面白い限りです。またMVについて書いていきたいものです。それでは。

『誕生』アルバムレビュー

7枚目にしてラストアルバムとなった『誕生』。アルバムとしては初のチャットモンチー・メカ体制となり、曲調もまた一新され、まるでデビューしたてのバンドの1stのようなものを残して行ってくれました。

誕生 (Bonus Track Edition)

個人的には「第3の『耳鳴り』」と呼びたいくらいですが、この話はまた後で。*1

曲順

  1. CHATMONCHY MECHA
  2. たったさっきから3000年までの話
  3. the key
  4. クッキング・ララ feat.DJみそしるとMCごはん
  5. 裸足の街のスター
  6. 砂鉄
  7. びろうど
  8. (恋の煙 同期ver.)

うーん、良い曲順ですね。というかこれ以外の選択肢が見えない。曲調から言ってもぴったりですし、なんと言ったって歌詞の並び。

M1はプロローグとしてのインスト(?)曲。M2,3では進化形としての"新しい"チャットモンチーを見せ、

M4でお口直し的な色物、M5,6で少し歴史を振り向きつつ、M7では新世界を見せるような形です。

漂う『耳鳴り』の雰囲気

やっぱりこのアルバムって『耳鳴り』がすると思うんです。もちろん、一つには攻めた姿勢で全く新しい、1stみたいな雰囲気というのもあります。しかし、それ以上に、『耳鳴り』同様の少し暗い雰囲気が感じられます。

何が暗い雰囲気を醸し出すのかというと難しいのですが……。そうですね、歪んだギターとか、重低音のドラムとかが雰囲気づくりに一役買っているのかもしれません。ここはぜひ皆さん聴いて感じてみて下さい。

それに、歌詞や曲調もこれまでの『変身』〜『Magical Fiction』とは打って変わって内省的で、深いところに言及しようという姿勢が垣間見えてきます。

だめだめでも許すよ

全体として、『耳鳴り』で心を閉ざしていた状態から、次第に明るめだったり前向きだったりになったものが、またラストアルバムで内向きになったと言えるような気がします。しかし、『耳鳴り』に戻ったというわけではなく、別のステージに進んだということだと思うのです。達観、といえばいいのでしょうか。

例えば、『the  key』の歌詞を見てみてください。

the key to my room

the key to my mind

嫌いな人が出来る日は

あなたのはじまり

あなたのはじまりだよ

チャットモンチーの本領ってナルシシズムの爆発にあると思うのですが、その肯定に加えて、他者までも(それも、恋人としての「あなた」以外さえも!)許す姿勢に転換しているのです。ここが『耳鳴り』とは全然違うポイントです。思い返してみれば、『メッセージ』『どなる、でんわ、どしゃぶり』『恋の煙』『恋愛スピリッツ』など、どの曲も一人称で主観的で、相手の描写は極めて少なく、随筆のような構成でした。

しかし、『砂鉄』では、

だめでもだめだめでも許すよ

それだけ忘れないで

とありますし、『たったさっきから3000年までの話』では、

あなたは座り慣れた椅子で

そんなニュースを見てる

だけど眠る前にはふと笑えるような

そんな思い出に囲まれているでしょうか

と語っています。この変化はやはり特筆すべきものではないでしょうか。*2*3

まとめ

と、いう感じでレビューしてきましたが、どうでしょうか。このアルバム、初めて聴いた時はそんなにしっくり来ないのですが、何回も聴いているとずぶずぶハマっていく感覚があります(俗にいう「スルメ曲」です)。3人時代しか聴いていないような方も本当に二、三回通して聴いてみて頂きたいところです。

このアルバムレビューという記事は、やはり曲を①アルバム単位で②順番に聴いてほしい! という思いもあって始めたのですが、『誕生』についてはやっぱり世界観が他とあまりに違うので、シャッフル再生で聴くタイプじゃないと思うし、本当に一度はアルバムのまま聴いてほしいんですよね。素晴らしい並びだと思います。

 

追記

久しぶりの投稿です。たくさんの訪問ありがとうございます〜! SNSの宣伝等全くしていないのですが来ていただいて幸いです。更新はぼちぼちしますので、これからも宜しくお願いします。コメントとかもどうぞ。

sheep-three.hatenablog.jp

*1:第2の耳鳴りは何だよと言われると、個人的には『YOU MORE』だと思いますが、『変身』もそういうきらいはあって決めづらいんですよね……w

*2:まあ、『橙』のえっちゃんと『シャングリラ』のくみこんが今作に至るまでで遂にエゴイズムを乗り越えた、という感があって、あくまであっこびんは元から俯瞰的でしたよね。『世界が終わる夜に』とか『きみがその気なら』とか。

*3:露骨で溢れ出るようなえっちゃんのエゴと違って、くみこんのエゴイズムってもっと冷静に、だけど自分を見て! って感じなんですよね。『CAT WALK』とか『草原に立つ二本の木のように』とか。どれが良いというでもなく、ただこの多様性が本当に面白いです。

『Y氏の夕方』レビュー

作詞:高橋久美子 作曲:橋本絵莉子

『恋愛スピリッツ』『表情』収録。

恋愛スピリッツ

意味ありげで星新一のショート・ショートみたいなタイトルですが、マネージャーのY氏というだけでそんなに深い意味はないそうな。

サビは逆上がりのことを歌っているのですが、子供の曲というわけでもなさそうです。くみこんの腕の光る名歌詞ですから、早速見てみましょう。

主人公は誰か

早速2番からですみませんが、状況を掴むキーワードがあります。

夕闇にきらめくさざんかの花

ネクタイが揺られてる ブランコの上

さて、「さざんかの花」は基本的に冬の花です。園芸用のは春に咲く椿そっくりですが(寒椿との区別は諸説あります)、白い五弁の花でもあります。ここはどっちを思いますかね? 椿色か、白色か……。

それはさておき、なるほど、前後も読んでみると主人公が社会人(=Y氏)であることがわかります。逆上がりだからといって小学生だったら、流石に「Y君の夕方」になりますものね。

そして、1番のサビ。

三寒四温の社会には休憩だって必要だろ

冬も終わりになると三日寒く四日暖かく、みたいな日々が続きます。これまでのことをまとめると、そんな社会において、仕事に疲れ切った作者はきっとブランコに揺られているのでしょう。

さて、状況は整理できました。では読み進めていきましょう──といっても、毎度のことながら全部を淡々と説明してしまうのは無粋というものですから、あくまで詞の世界を壊さずに行きましょう。

時系列に注意

さきほど「仕事」と「逆上がり」の2つの要素があると書きましたが、「仕事」が現在、「逆上がり」が過去の回想だと考えられます。

というのも、

  1. 文脈(=仕事終わりのサラリーマンは逆上がりしないだろう)
  2. 「そう思わせたんだ」などの時制

から判断できるのです。

時制については、「現在形」「過去形」「現在進行形」のようなものが日本語にもあります。現在形は普遍的なものを表すので、ここでは(現在の)考えや意見が述べられます。過去形は昔あったこと、現在進行形は今していることを表します。*1 *2

会社員が鬱屈として夕方の公園のブランコで風に吹かれているときに、昔逆上がりを練習していたときの記憶が蘇ってきた、と言う状況なわけです。

それでは現在と過去に注意しながら整理してみましょう。おおよそ、次のようになるのではないでしょうか。

現在=夕闇・さざんか・ポロポロ・ブランコ

考え=縛られた生き方なんて…・三寒四温の…

過去=夕闇・さざんか・靴・逆上がり・あともっかい・何度でもやり直せば

つまり、これは過去の似たような日の公園で練習していた逆上がりだから記憶が蘇ってきた、ということです。そして、逆上がりのときの、

あともう少しでできそうなんだ

赤い赤い夕日が

何度でもやり直せばいいじゃない そう思わせたんだ

という子供時代ならではの力強いポジティブな記憶がいまの自分を励ましてくれた──そういう曲なのです。

美しい言葉のセンス

さて、厳密に読むのはこのくらいにして、詞の世界を味わっていきましょう。なんと言っても言葉のチョイスが一つ一つ素晴らしいです。

まず注目したいのがここ。

指の隙間からポロポロこぼれる赤い日差し

指の隙間からポロポロと受け止め切れないな

「夕闇にきらめくさざんかの花」と、具体的な植物の描写から入るところが既にポエティックで恍惚としてしまうのですが、ここも凄い。「ポロポロこぼれる」といえば……?

そう、涙です。日差しがこぼれるという美しい表現を使いながら、そこに「ポロポロ」というオノマトペを充てることで、作者が泣いていることまで見せてしまう。ここは巧みな技ですね。

他にも、印象的なこのセリフ。

縛られた生き方なんて 望んじゃないよ

神様が 助けてくれるって信じさせて

このままじゃ歩いていけないのかな……

ドキッとする言葉じゃありませんか? 人に流されて生きている社会人の皆さんに、子供のようなあどけない無邪気な疑問がぐさっと突き刺さります。

この歌詞、そして歌うときのえっちゃんの声の切実さから、何回も聴き直したくなる一節です。

だらだら書いてきましたが、やはりこの素晴らしい歌詞は何度も聞いて、読んで、じっと見て味わっていきたいところです。

 

ドラムの2つ打ちから段々音が増えていくイントロは特徴的で素敵です(もうすこーしだけハイテンポだと『テルマエ・ロマン』になる)。

この曲は全体的にメリハリが強いです。Aメロは優しくて懐かしいようなサウンドが響きますが、Bメロで静かになったあと、サビでは切実な思いが爆発するように響きます。

えっちゃんの歌もサビでは掠れながら細々と、しかししっかりと歌いきっています。たぶんこの頃の歌唱力なら掠れずに力強く歌うこともできたのでしょうが、弱った作者のぎりぎりの言葉を書き出した歌詞の世界観を大事にした歌い方と言えそうです。

なんと言っても最高にかっこいいのは、アウトロの最後にバシッと演奏が止まり、ギターの余韻だけが残るところです。ライブも最高でした。

 

感想

ドッペルゲンガー』に続き、くみこん作詞曲のえっちゃんの推しシリーズ第二弾でしたが、こう読んでみると半端ない良さがありますね。曲調が静かだったからあまり気づかなかったんですが、カップリングやアルバム曲にこそチャットモンチーの本領が発揮されていることも往々にしてあるので、気は抜けませんね。

そういえば冒頭で話した山茶花の色ですが、五弁の白い花だと思いました。夕日には映えてきらめきそうなので。ただ、本当の夕闇なら桃色のほうかもなと。皆さんはどう思いますか?

あと、個人的にはこの曲は「自殺を思いとどまった曲」かと思いました。CDではわからなかったんですが、ライブ映像の「ネクタイが…」のところでふと悟りました。

やっぱりライブの力ってありますよね。こんなご時世だからこそ、強く思います。

*1:正確には無時制・過去形・現在形に近いのですが、英語っぽい言葉で言いました。

*2:〜した、の「た」は完了とも言えるのですが、ここでは過去としました

『意気地アリ』レビュー

作詞:福岡晃子 作曲:橋本絵莉子

『ヒラヒラヒラク秘密の扉』『表情』収録。

表情<Coupling Collection>

チャットモンチーで最もスリーピースらしいといえる曲ではないでしょうか。

意気地アリ

意気地アリ

歌詞

意気地なし、をひっくり返した形の歌詞です。健気な女の子像を描き出していて、健全なガールズ・ロックとして王道を歩んでいます。こういう点で、チャットモンチーには珍しいタイプの曲かもしれません。こういう曲も作れるんだぞ、と見せつけた上で理想のガールズ・バンド像を打ち壊すのですから、やはり流石の実力です。

タイトルからしてそうですが、ちょいちょい挟まる言葉遊び要素が面白いです。

だけど私もあなたに態度、視線

好きだから好きだから隙だらけで

分かりやすいはずなのに

惚れた 腫れた その先はどこ?

歌詞を眺めてしまえば変なところもありますが、韻の良さがあり、メロディの勢いで乗り越えてしまえば寧ろ綺麗に聴こえるものです。本来歌詞ってこういうほうが多い気がします(チャットモンチーが詞先だから少ないだけで)。

やっぱりこの曲はテンポの良さを楽しみたいですね。

これはいいですね。

特に面白いのがBメロのギター。えっちゃんが自分で歌いながら、ぴったり同じメロディーをアルペジオで弾いています。相当な凄技だと思います。ライブでも綺麗にこなしています。

あとは、ベースはルート弾き、ドラムも基本的な4ビートで、フィルインもスネア連打などでまとめられていて、チャットモンチーらしさは薄めの、スタンダードなロックといえるでしょう。しかしこのスタンダードさが、チャットモンチーの中では逆に珍しく思えて、それも面白いです。

 

素直にかっこいい演奏で、歌も力強く、勇気づけられるような一曲です。

ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

 

『ウィークエンドのまぼろし』レビュー

作詞:高橋久美子 作曲:橋本絵莉子

『耳鳴り』収録。

耳鳴り (Forever Edition)

近年は長らく演奏されていなかったのですが、ラストワンマンで演奏されたことでも話題になりました。

(↑せっかくなのでライブ音源を貼ってみます)

 

この曲はなんといっても変則的なリズムと歌詞の光る曲です。

詩としての歌詞

広がるのは ただ 切れ間ない青のコラージュ

少年はバスケットボール 枕にして

空に浮かぶ明日を見ている

えっちゃんは「歌詞は詩である」、くみこんは「歌詞はあくまで詞だ」と書いていましたが、これは相当「詩」に近いものだと思います。

ずっと読み進めればわかりますが、叙景詩です。「さびしい」とか「悲しい」と感情語をストレートには述べず(ふつう歌詞はわかりやすさを優先するあまり、率直な言い回しが多い)、日曜日の色々な情景が描かれます。

特に腕が光るのが、2番のサビ。

ねぇ、いつまでも人は人と手を繋ぐのかな

ねぇ、いつまでも人は人を抱きしめるのかな

ねぇ、いつまでも春の次は夏なのかな

最悪な日曜日

この前で、

手を繋いで恋人たち 幸せそうに歩いてる

とあり、やはり日曜日ですから、きっとカップルのデートしている風景なんかを見たのでしょう。しかし、自分には相手もなく……。

無情感とそこはかとない寂寥に苛まれる様子の作者(思春期〜青年くらいの年だと思いました)の様子が実感をもって見えてきます。

ただ、注意したいのは、これは失恋ソングとか、恋がしたいとかいう曲ではないんですね。

「ねぇ、いつまでも……」からもわかるように、もっと根本的な諦観というか、どこか冷めた見方なんですよね。どちらかというと、恋人ができないというよりか、興味がない、といった感じの人。ただ、日曜日は少しく寂しく思えるのです。

 

さて、これを踏まえてタイトルに立ち返ると、『ウィークエンドのまぼろし』です。

かっこいいし、雰囲気も伝わってきますが、「まぼろし」って難しいですね。何を指しているのか、考えてみると結構面白いかもしれません。

変則的なリズム

初期らしく、くみこん得意のマーチングドラムが軸になっているのは他の曲でも見られますが、とにかくリズムが難しく、そして面白いのが特徴です。

特にライブ映像を見るとわかりやすいですが、冒頭から特にカウントもなく、えっちゃんの歌に合わせてスネアのフィルインとなります。

その後も、あっこびんがベースで安定したリズムを刻む中で、えっちゃんとくみこんは「ジャッジャッジャッ」という不規則な裏拍を続け、それがアウトロまで残るので印象深いてす。

歌詞も言葉を詰め込んだような形で、なかなか歌を合わせるのが大変そうですが、少なくともCDではこのメロディーと歌詞すべてが複雑に混じり合った感じが奥行きを見せています。

この曲はやはりメリハリの効いた曲です。それこそギターのカッティングも、サビ直前のベースの音も、2番サビ〜アウトロの静かなところも、きっちりと決まっているので気持ちよく聴けますし、そのメリハリと複雑なメロディーのギャップが良さを醸し出していると言えると思います。

相当かっこいい曲で、実際ライブで見られたら良いだろうなぁと妄想。

 

耳鳴り (Forever Edition)

耳鳴り (Forever Edition)

 

うーん、ただ、『チャットモンチーレストラン スープ』の野音ライブは、少し入りのズレが気になりました……。あの冒頭は、ライブの面で考えると難しいですよ、やっぱり。

『ドッペルゲンガー』歌詞の考察

作詞:高橋久美子 作曲:橋本絵莉子

曲自体の評はこちらにあります↓

sheep-three.hatenablog.jp

さて、おそらくチャット史上最も難解であろうこの歌詞を考察していきたいと思います。

ただ、考察を読んだら曲の世界観が壊れてしまう、ということもあるので、見たくない方は見ないでください!!!(その責任は取れない……)

ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

では、書いていきます。結構理知的な説明をするので、不快に思われたらすみません。

解釈を思いついたと言っても、何通りか思いついて、確実に一つに定まったわけではないので、案1,2と分けて書きます。

【案1】本当にドッペルゲンガー

まあ順当に、ドッペルゲンガーのことを歌った曲と見てみます。

この説の手がかりとなるのは、

続きを読む