三匹の羊/チャットモンチー

チャットモンチーと私

『the key』レビュー

作詞:橋本絵莉子 作曲:チャットモンチー

チャットモンチー・メカ」体制で作られたラストアルバム、『誕生』収録。

電子音が多いイメージの『誕生』では数少ない、ロックバンド的サウンドな一曲(あとは『砂鉄』くらいか?)。

the key

the key

バリトンギターという、低音もカバーできるギターで弾いているようです。良い音してますね。
ドラムはサンプリングしたのと電子音と両方ある、と聞きましたが、この曲の特にサビは生音な気がしますね。ドラムの強いドンドンというリズムが印象的です。
全然曲調は違いますが、このドラムといい、アウトロに歪んだギターソロがある感じといい、どことなく『ウィークエンドのまぼろし』を思うんですよね。『誕生』だけあって原点回帰みたいな意味もありそうですね。
何にせよ、サウンド的にはガラッと違っても、それでもやはり「チャットモンチー」を感じるのがこの『誕生』です。

歌詞は……ごめんなさい、レビューと銘打っておきながらあまり語れないんですよね。橋本絵莉子ってやっぱ何考えてるかわからないなぁと。そう感じたラストアルバム。

くみこんの歌詞は物語立てていて、きちんと一つ一つの言葉に意味を持たせているし、あっこも素直に感情を吐露している感じ。それに対して、結局えっちゃんの歌詞って、なんか心の澱みをさっと浚ってきたようなイメージがあって、少ない言葉の一つ一つに重みがありながら、やや難解なのです。

今回は特にメカ体制で音重視なのか、歌詞は短めになっていまして、その分背景はうまく取れません。でも解釈することもなく、頭ではなく心で聴けるようなのがえっちゃんの歌詞だよな、とも思います。

それこそ「the key to my mind 」ですから、「心を開く」といった趣旨の話をしているだろうことはわかります。心の鍵にまつわる話。

「遠くから見て綺麗だから 真夏の歩道橋を歩く ゆっくり間違いながら」
難しいですが、倒置が効いていて味があります。人の目を気にして、つらいところへ出ていくというところ。続く冷たい畳のところは、心を開かないがゆえに孤独なのだ、という風に解釈できるでしょうか。
そして、サビにはバリエーションがありますが、どれも〈肯定〉のニュアンスがあります。
この、「あなた」を肯定し、「私」を「あなた」に肯定してもらおうとする姿勢は、『シャングリラ』と同様、チャットモンチーの一つのスタンスだと思います。

アルバムで3曲目という重要な(1曲目はほぼインストなので)位置に置かれていることからもわかる通り、この曲が一つのチャットモンチーの完成形で、えっちゃんからのラスト・メッセージなのだと思います。

誕生(初回生産限定盤)

誕生(初回生産限定盤)

……えっちゃん作詞の曲で言えば『たったさっきから3000年までの話』『the key』でチャットモンチーは既に完結していて、『びろうど』で新しいところに入りかけて終わっているようなイメージがあります。やっぱ全然歌詞の調子が違いますし。ここはまた『びろうど』で述べましょう。