三匹の羊/チャットモンチー

チャットモンチーと私

『three sheep』レビュー

作詞:高橋久美子 作曲:橋本絵莉子

 『表情』収録。『風吹けば恋』カップリング曲。

 風吹けば恋

ブログタイトルにもしている一曲です。くみこん脱退を経た今思えば、ですが、三匹、っていうところがチャットモンチーらしくて好きです。

どうでもいいのですが、"sheep"は単複同形なので三匹でも"three sheeps"とはなりません。自主制作盤では間違っていたとかいないとか(笑) 

three sheep(Album Mix)

three sheep(Album Mix)

  • provided courtesy of iTunes

いや、一言で言ってしまえばこの曲、「夢に羊がでてきた」というだけなんですが、音の世界が広すぎる。まあ、夢というところだけで歌詞も曲も綺麗にまとまっているので、なかなか印象に残りづらい曲なんでしょうか。残念ながら知名度は高くありませんね。もっと聴いて!

 

冒頭の歌詞、「新しいノート開くのが好きでね 何書こうかな真っ白なページにって」ですよ。『ハナノユメ』じゃないですけど、くみこんのこういう具体的な始まりが本当に好きです。誰しも共感できる些細なこと。ここから深い深い夢の世界へと広がっていきます。

 

この曲を形づくっているのはやっぱり2人のコーラス。チャットはあっことくみこんの2人がガッツリ歌いまくることで3ピースの音を厚くしてきた節もあり、また、ずれたコーラスの入れ方(『シャングリラ』の「♪あ~ぁあ~」など)なども特徴的で、コーラスなくしてチャットモンチーは語れぬ、というくらいなのですが、その代表格がこの曲。

2番の「sing a song...」以降でボーカルが交代するのは泣けますね。しかもMV見るとここで一匹ずつ羊が増えてる! やっぱり”three”は3人のことですよね! ね!(暴走)

 

この2番Bメロ(3人)→サビ→Bメロ(1人)→(ベース)ソロの流れで、サビ後でえっちゃんが静かに歌うのとか本当に綺麗で。ギターが大人しくなってからのあっこのベースソロは、優しく力強い音で、包容力がある感じ。やっぱベースの高音って何者にも代えがたくって良いですよね。

それから最後の「あなたの足音が近づくまで どうかこのまま眠らせて」。『春夏秋』でもそうですが、静かになった後の一言で一気に持ってかれます。どうしようもなく愛おしくなる。チャットでたまにあるこういうテクニック(?)、作詞が巧いのか作曲の妙なのか、ずっと気になっています。

 

全体的にロックテイストな楽器なのにひたすら優しい音が出せているのがこの曲の見どころだと思っています。ギターもひずんでいるのに、なぜか心落ち着くような。一時期毎晩寝る前に聴いていました(笑) 寝るのに困ったらぜひ聴いてください。でも3人が3人とも良い曲なのでちょっと泣けてきちゃうかも……。

 

本当はくみこんのタム使いとかについて話したかったのですが、ドラムには思い入れが強いので、それはまたいつかまとめて書きましょう。

ちなみに、この曲でいちばん好きなのは「おとつい」です。関西ではよく使うんですね(笑) 唐突にでてくるこの語感が好きです。

 

表情<Coupling Collection>

表情<Coupling Collection>